私は、昔から運動神経が鈍いため、スポーツというスポーツはすべて苦手で、体育の授業と運動会はとても苦手でした。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

今更ながら、スポーツの楽しさに目覚めました

学生時代は、スポーツが苦手なので勿論部活は文科系で、体育の授業は進学に内申点が必要なため、仕方なく、熱心やふりをして取り組む程度でした。運動部に入り、身体を動かすのが楽しいという友人は、私にはとても理解できませんでした。大学、社会人になってからは、皆でテニスやスキーには出かけることが増え、社交は楽しかったですが、スポーツ自体は楽しいとは思えませんでした。

30代半ばになり、体力の衰えを感じ始めました。また出産後の体系維持のため、子ども達も少し手がはなれ時間が出来たので、ウォーキングとテニスを始めることにしました。身体を動かすのは十年以上ぶりでしたが、とてもリフレッシュ出来、清々しい気分でした。体系維持と体力向上のために、時間が出来た日にはウォーキングをしよう、と義務的に考えていたのですが、身体を動かす気持ち良さを知ってからは、必要な日課になりました。

相変わらず運動神経は鈍いため、週に一度のテニスはなかなか上達しませんが、それでも楽しいです。ダイエットまではいきませんが、体系の維持も出来ています。私のように運動神経はなく、元々スポーツが苦手だった人でも、スポーツが楽しめるようになることがあるものだと感じました。

オススメワード

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.