毎日激しい練習をしているスポーツ選手でも、お正月休みなどはオフにして、練習をしないと言うこともあります。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

スポーツ選手はオフの時でも食事に気を配ろう

毎日激しい練習をしているスポーツ選手でも、お正月休みなどはオフにして、練習をしないと言うこともあります。しかし、オフの時はいつものように食事をしてはいけません。長期間練習をしない時は、摂取カロリーは抑えるようにしましょう。オフ中は体を動かさないわけです。ですから、練習をしている時と同じだけのエネルギーを摂取すると、いつものようにエネルギーが消費されず、その分は脂肪になってしまいます。オフが終わって練習をしようとしたら、思うように体が動かなかった、これではアスリートとしては失格です。オフの時でも食事には気を使わなければいけません。

自分で料理を作るアスリートの方なら、摂取カロリーを抑えるために覚えておいてほしいのが、食材の選び方です。鶏肉の場合、ささ身ともも肉では約2倍もカロリーの差があります。ちなみに、もも肉の方が高カロリーです。要するに、肉や魚は選ぶ部位を気をつければ、たんぱく質は摂れつつもカロリーは抑えることができるのです。他にも、オフに食べるべきものとしては、野菜はもちろんのこと、フルーツや海藻類やきのこ類が挙げられます。これらは低カロリーで、食物繊維も豊富なので安心して食べられます。

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.