4年に一度のスポーツの祭典といえば、オリンピックです。オリンピックの肥大化を防ぐため競技や数は変更されます

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

4年に一度開催されるスポーツの祭典といえばオリンピックです

4年に一度開催される国を挙げてのスポーツの祭典といえば、オリンピック(五輪)のことですよね。この大会は、4で割りきれる西暦の年に国際オリンピック委員会(IOC)が開催しています。夏季、冬季どちらにも魅力的な競技や種目が多くあり、いつでも私たち観客を存分に熱く、そして感動させてくれます。4年に一度といいつつ実質、夏季と冬季を2年ごとに観ることができ、スポーツ好きにとっては嬉しいことですよね。

さて、夏季オリンピックについてお話します。現在、競技数の上限は28競技と決められており、これは国際オリンピック委員会の総会で決定されています。競技に関しては、新たに増えたり、除外されたりと大会ごとに数も種類も変更されていきますので、そのような曖昧な立場の競技に関わる選手および関係者にとっては、決定までの間、落ち着かない日々を過ごさなくてはなりません。観客の立場から言わせてもらえば、できる限りたくさんの競技が見たい、というのが本音です。実際日本では夏季オリンピックの方が圧倒的に盛り上がっていますし、これは冬季に比べて応援できる競技、種目が多いことに関係していると思います。しかし、五輪の肥大化を落ち付かせるという目的のため、人気の低い競技や世界的に普及していないスポーツが除外されるのは、致し方ないことなのでしょう。

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.