スポーツとしてマラソンを始める場合に短い距離からスタートして持久力をつけながら徐々に距離を伸ばしていきます。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

スポーツとしてマラソンを始める方に

マラソンブームという言葉を耳にして随分と経ちますがマラソン人口は今や1,000万人を超え、50万人の市民ランナー毎年フルマラソンを完走しています。スポーツとしてこれからマラソンを始めようと考えている方はまず距離の短いクォーターマラソンから始めてハーフマラソン、フルマラソンへとステップアップを図りましょう。フルマラソンが走れるようになったら次は市民マラソン大会への出場を目指します。これには年齢制限やタイムなど大会毎に資格制限があるので調べて自分がチャレンジできそうな大会への出場を目指します。

さてこれから始めようという人の練習方法ですが、次の事を注意して走ってみましょう。1.規則的に走る習慣をつける毎日走る練習をする必要はありませんが、3日連続して休まないことが大事です。2.走る距離や回数を増やす走るスピードよりも距離や回数を徐々に増やし、より長い時間走れるようにします。3.持久走を中心に行う例えば15分間走って休みまた15分間走ってみるというインターバルトレーニングによって持久力を鍛えます。4.走るコースを工夫してみる毎日道路では飽きますし膝などの故障が心配です。公園の芝生や未舗装の道を走ったり、丘陵地コースをトライしてみましょう。

オススメワード

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.