ちょうなんはとてもスポーツが苦手でした。中学生になって山岳部に決めましたが、思った以上に大変でした。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

運動の苦手な息子が選んだスポーツは山岳部でした。

我が家の長男は小さな頃から運動が苦手であまり自分から進んでスポーツをする方ではありませんでした。水泳は続けていましたが、それ以外得意な物を探すのが難しかったです。中学校に入って部活を決める時に必ず部活に入らなければいけないと知った時息子は随分悩んだようでした。水泳部はありません。入学して数日後「山岳部に入る」と息子は言いました。球技も陸上も難しいので山岳部はまあ妥当なところだと私は思いました。

山岳部に入部して数日で、購入目録が配られました。リュックサック随分大きいモノ、寝袋、はんごう、トレッキングシューズです。学校に注文するとその値段は2万円近い金額でした。入部を後悔したのは親の方でした。いい事もあります。市内の中学校には山岳部が3校しかありませんので、中体連などの大会に出た時は必ず入賞出来ます。顧問の先生は「頑張ることの喜びも知ってもらいたい」と大きなリュックに定量の重さのペットボトルを入れ、その他はんごう等でパンパンになったリュックを背負って訓練をしていました。1年の時は市内で3位2年の時は2位3年の時は優勝です。子も親も日頃の頑張りを知っているのでとても喜びました。技能テストの他の筆記テストでも息子も貢献したようです。その時の友達は今も仲がいいです。

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.