スポーツが大好きでしたが、度重なる怪我により出来なくなりました。今は、観戦することが楽しく思えています。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

スポーツが出来なくなり、観戦が楽しくなりました。

幼少期から体を動かすのが大好きで、運動神経も良かったのか体育の授業が一番好きでした。中学生になると部活動を始め、興味のあったバスケットボール部に入部しました。最初は慣れないことばかりで大変だったのですが、少しずつ技術を覚え、体が出来上がってくると楽しくて仕方がなかったのです。一年生にしてスターティングメンバーに選ばれ、試合に出る事もあり、充実感を感じる毎日でした。高校生になってもバスケットボールを続けようと入部して、1か月後、私はバスケットボールができなくなりました。ある日、腰にとてつもない痛みを感じ、授業を受けていても座っていられないぐらいで、早退しすぐに整形外科へ。

診断名は椎間板ヘルニアでした。アスリートを目指すつもりがないなら手術はしないで大丈夫だけど、バスケットボールは辞めなさいとドクターストップが掛かりました。歩けなくなるのは嫌だったのもありましたが、その翌年の体育祭で膝の靱帯損傷をし、後遺症が残ってしまいました。結果的にスポーツができない体になってしまいました。大好きなものができないのはやはり辛いものでしばらくは立ち直れずにいましたが、今でもスポーツが好きなことに変わりはありません。テレビなどでの観戦や、友人の子供の少年団を観に行ったりと楽しみ方を変えて、今でも楽しんでいます。

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.