バドミントンは日本の羽根つきに似たスポーツです。羽付き同様コートやネットなしで楽しむこともあります。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

個別ルールで気軽に楽しむスポーツのバドミントン

正月にすることとして羽根つきがあります。カーンカーンといい音をさせています。羽根つきのメインとしては実際に打ち合うよりも負けた時のバツでしょう。墨を用意しておいて顔に色々と落書きをしていきます。落書きされたくなければ負けないようにすることです。羽根つきのルールとしては特に決まりはありません。特別コートがあるわけでもネットがあるわけでもありません。ただ打ち合って地面に落としてしまったら負けになるのです。

羽根つきに似たものとしてメジャーなスポーツがあります。それはバドミントンです。羽根つきと同様に羽根のついたシャトルと呼ばれるものを打ち合います。世界にいろいろありますが、これだけよく似ているものはないかもしれません。バドミントンの方はきちんとコートがあり、ネットなどもあります。羽付き同様に下に落としたら負けですが、コートがありますからコートの外に打ってしまうとそれで負けになります。

手軽に楽しむときは個別ルールで行うことが多いです。羽根つきのように特にコートやネットを設けず打ち合います。そして地面に落としたら負けです。土のあるグラウンドであれば簡易的にコートを書いてネットなしで行うこともあります。

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.