サッカーは体も使いますが、作戦を立てるのが面白いスポーツです。それぞれの選手が考える必要があります。

日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット
日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット

サッカーは作戦を立てるのが面白いスポーツ

体育会系と文化系において、頭をつかうのは文化系、体を使うのが体育会系とすることがあります。大学などでも体育会系のクラブに入っている人は学生時代に一定の成績を残して推薦で入学してきた人がいます。そのためになかなか授業についていけないこともあるようです。自分自身はこういった運動しかしてこなかったから頭が弱い、余り考える事ができないと言っている人がいます。本当に運動しかしていない人は頭を使わないのでしょうか。

サッカーといえば頭をつかうスポーツとして知られます。ヘディングで頭を使うことでも知られますが、それよりも作戦などをきっちり立てて行うものとして頭を使うのです。非常に広いグラウンドにおいて、自分のチームと相手のチームの選手の配置を考えながら動かなくてはいけません。自由気ままに動いていてはかつことができないのです。ゴールが出来るチャンスはそれほどありませんから、少ないチャンスを活かせるように動かなくてはいけません。

その中でも最も頭を使うのがミッドフィルダーと呼ばれる位置の人と言われます。自ら攻撃に参加することもあれば、守りに入ることもあります。また指示を出すこともあります。運動能力よりも頭のいいところが強い場合があります。

Copyright (C)2019日常生活の中にスポーツを取り入れることのメリット.All rights reserved.